out

     
    初めてのロボットに最適!『α-Xplorer(アルファ・エクスプローラ)』を徹底解剖!!

    ロボットプログラミングキット e-Gadget-TT

    商品コード EGDT-TT
    希望小売価格
    販売価格

    円(税込)



    購入数

    ご注文合計が税別1万円以上は配送料無料

    追加画像タイトル

    商品情報

    『e-Gadget (イー・ガジェット)』はモーター部を切り離してCPUボードとして使用が可能な、用途の広がる上級者向けロボットプログラミングキットです。

    本体はすべてFR-4基板で構成され、耐久性に優れた構造になっているため、長年に渡ってご使用いただけます。明るさを検知するボールセンサー、落下防止やライントレースなどの動作を可能にするラインセンサー、衝突を検出する左右に配置した2つのタッチセンサーに加え、PC接続なしにセンサーの状態を表示させるなど便利なLCDモニターを標準搭載。本機はコア部とモーター部の脱着が可能で、ACアダプターで電源を供給できるので、ロボットカーとしてではなくコア部のみをCPUボードとしてご使用いただくことも可能です。

    e-Gadget 解説

    標準搭載センサー

    CN1 ボールセンサー

    明るさを検知するボールセンサー。センサー部を遮光スポンジで覆い、ロボット前方からの光のみ検知する構造。

    CN2 ラインセンサー

    赤外線による反射センサー。下向きに発射した赤外線の反射率を検知し、床との距離や、床の変化を検出する。

    CN3 タッチセンサー

    左バンパー部がバネ式可動タイプで、衝突の際バンパーの接点が切れることで衝突を検知する構造。

    CN4 タッチセンサー

    右バンパー部がバネ式の可動タイプになっており、衝突と同時に可動式バンパーが動作し、衝突を検知する。

    標準搭載LCDモニター

    e-Gadget LCDモニター

    本機にはLCDモニターが標準搭載されています。デフォルトではそれぞれのセンサーの状態を、PC接続なしにモニタリングできるようになっています。表示内容はプログラミングで自在に設定できます。

    プログラミングにはDAISENオリジナルアプリ『C-Style』を使用します。

    C言語をベースに弊社が独自に開発した『C-Style』は、マウスのみを使用した簡単な操作でプログラミングを行うことができ、[while]や[if]などをそのままアイコン化した、C言語の概念に直結した奥行きのあるアプリです。

    プログラミングソフト「C-Style」
    プログラミングソフト「C-Style」

    C-Style for e-Gadget マニュアル

    e-Gadgetの仕様
    キット内容 コアボード / モーターボード / ボールセンサー / ラインセンサー / タッチセンサー : 2個 / ギヤモーター : 2個 / モーターホルダー : 2個 / タイヤ : 2個 / ホイール : 2個 / シャフト : 2個 / ボールキャスター / 遮光スポンジ / 組立ビス
    CPU PIC18F2520
    インターフェース シリアル : 1個 / I2C : 1個
    センサー ボールセンサー : 1個 / ラインセンサー : 1個 / タッチセンサー : 2個
    電源 単三乾電池 3本
    寸法 140 x 185 x 80 mm
    重量 410g(電池重量含まず)
    対応OS WindowsXP以降
    ロボット比較表
    機種 α-Xplorer
    アルファ・エクスプローラ
    TJ3B
    ティ・ジェイ・スリー・ビー
    e-Gadget
    イー・ガジェット
    対象 初心者向け 中級者向け 上級者向け
    価格(税込) 8,800円 9,350円 13,750円
    組立時間 10〜15分 90〜120分 60〜90分
    CPU STM32F103 PIC18F2620 PIC18F2520
    寸法 90 x 130 x 54 mm 160 x 150 x 57 mm 140 x 185 x 80 mm
    重量 170g(電池重量含まず) 270g(電池重量含まず) 410g(電池重量含まず)
    主な特徴 ・反射センサーx2
    ・Bluetoothモジュール(別売)を搭載してiPadによる無線通信
    ・タッチセンサーx3
    ・ボールセンサーx1
    ・ラインセンサーx1
    ・タッチセンサーx2
    ・ボールセンサーx1
    ・ラインセンサーx1
    ・液晶ディスプレイ
    ・コア部とモーター部に分離
    C-Style for e-Gadget

    C-Style for e-Gadget

    プログラミングを行う際はe-Gadget用『C-Style』をダウンロードしてください。C-Styleは定期的にアップデートされるので、極力最新版をご使用くださいますようお願いします。

    USBシリアルケーブル

    USBシリアルケーブル

    C-Styleで作成したプログラムをロボットにダウンロードする際に、USBシリアルケーブルが必要になります。お持ちでない場合は本機購入時に『付属する』を選択してください。

    ボールセンサー

    ボールセンサー

    本機に標準搭載されているボールセンサーで、定常光を検知するタイプの光センサーです。追加搭載や万一の故障の際には、こちらをお買い求めください。

    シングルパルスボールセンサー

    シングルパルスボールセンサー

    赤外線を検知するタイプの光センサーです。赤外線発光ボールを使用するサッカー競技を行う場合は、本機購入時に『RCJJ公式ボール対応センサーに変更する』を選択してください。

    ラインセンサー

    ラインセンサー

    本機に標準搭載されているラインセンサーで、赤外線の跳ね返りを利用して床の色や材質または床との距離などの変化を検出することで、落下防止やライントレースなどの動作を可能にします。

    ホワイトラインセンサー

    ホワイトラインセンサー

    高輝度LEDが搭載されているため、通常のラインセンサーより高い精度で床の変化を検知します。サッカー競技を行う場合は、本機購入時の選択からホワイトラインセンサーに変更することをお勧めします。

    保守パーツ TTモーター(48:1)

    保守パーツ TTモーター(48:1)

    本機に標準搭載されているモーターと同一の商品です。万一の故障や配線が切れた際などは、こちらをお買い求めください。

    e-Gadget-TT用 ウイングボード

    専用ウィングボード

    ロボットカーとして走行させる場合、追加で搭載するセンサーなどのデバイスは本体への固定が必要になります。その際の設置場所として多数のビス穴を施したウィングボードを装着しておくと便利です。

    e-Gadget用 RBモーター変換ボードセット

    RBモーター変換ボードセット

    標準のモーターボードをRBモーターボードに変更することで、よりパワーのある高性能なロボサイトモーターに手軽に変更することができます。モーター・タイヤは別売になります。

    ロボットCPU基板 e-Gadget Core

    CPU基板 e-Gadget Core

    本機のコア部分のみの販売になります。ロボットカーとしてではなく、CPUボードとしての使用を目的とする場合は、こちらをお買い求めください。

    弊社のロボットは教科書や教師用指導書に掲載していただいており、全国各地多数の小・中学校から大学まで幅広く教材として導入していただいております。

    教育機関向けサービス

    ダイセン電子工業は、2004年より教育用ロボットキットの開発から製造、販売を行っております。当時より日本橋社屋にて、子供向けのロボットプログラミング講習会を毎週のように行ってきました。他にもロボット競技会や各地のプログラミングイベント、近年では大阪の小・中学校を中心に出前授業や先生向けの研修なども多数させていただいております。それらの経験と知見を活かしたサービスを教育機関向けに行っております。是非お気軽にお問い合わせください。

    教育用ロボット無料貸出し

    教育用ロボット無料貸出し

    教育関係者様を対象に、教育用ロボットプログラミングキットの無料貸出を行っております。プログラミング教材をお探しの際は、是非一度弊社ロボットとプログラミングアプリの性能をお試しください。

    ロボットプログラミング出前授業

    ロボットプログラミング出前授業

    教育関係者様を対象に、ロボットとiPad(もしくはPC)を持ち込んでプログラミングの出前授業を行っております。キャリア教育の要素も含まれているとご好評いただいております。ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

    本品に関連する商品

    関連商品

      $nbsp; $nbsp;

      PAGE TOP